乳房再建術後の 経過とケア

乳房再建について

「乳房再建」とは乳がん治療の手術によって失った乳房を再び取り戻すことを意味します。これにより、「乳房を失ってしまった」という喪失感の緩和やパッドを入れる煩わしさからの解放などの軽減につながります。このように、「乳房再建」は患者さんのよりよい生活を取り戻すための希望と言えるでしょう。しかし乳房再建を考える中では、良い事だけではなく、「術後ケア」や「失った乳房そのものを完全に取り戻せるわけではない」という意識をもつことも必要です。なぜなら、再建手術を受けられた後に「こんなはずではなかった」と感想を述べられる患者さんもいらっしゃるからです。

また、乳がんの手術は(乳腺)外科医が行いますが、乳房再建術は形成外科医が行うことが多いので、がんの治療を受けられても形成外科の専門医がいない病院では、乳房再建を受けらないことがあります。

そして乳房再建を受けるかどうかは患者さん自身の選択になります。これは、乳がんの治療と同時に乳房再建についても考えなくてはならないことを意味しますので、なかなか判断できないこともあると思います。

まずは、乳房再建に関して正しい知識を持つようにして下さい。そして、一人で悩まないで、ぜひ乳腺外科や形成外科の医師、看護師など専門の医療従事者に相談してみましょう。