乳房再建術後の 経過とケア

術後の経過と日常生活

ティッシュ・エキスパンダー

手術直後から2 週間

この時期の体の状態や気をつけたいことは以下の通りです(術後1週間程度は病院に入院している期間です)。

それでは、それぞれについて述べていきます。

痛みや違和感について

手術の傷の痛みや胸に人工物(ティッシュ・エキスパンダー)が入ったので違和感などがあります。痛み止めを使用しますので、がまんはしないようにしましょう。

ドレーンについて

「ドレーン」とは皮下に溜まってくる出血や浸出液を外に誘導する管です。この管はだいたい1週間程度で抜けます。

術後1日目から体を起こしたり、ベッドから離れることができますが、ドレーンが抜けるまでは、食事やトイレなどの日常生活行動以外は、過度に体を動かさないようにして下さい。なお、乳がん術後は腕や肩のリハビリが必要ですが、専門家の指導の下で行って下さい。

感染について

ドレーンが入っている期間は、挿入部から細菌などが侵入すると感染を起こす可能性があります。

バストバンドの着用について

バストバンドの着用の目的は2つあります。それは傷の安静のためと胸に入ったティッシュ・エキスパンダーの位置がズレないようにするためです。

皮下に溜まってくる血液や浸出液は、しっかり押さえた方が出にくく、また溜まりにくくなります。その結果ドレーンも早く抜けます。苦しい時は自己判断で緩めずに医療スタッフに声をかけて下さい。着用期間は1ヵ月間が目安になります。主治医から「不要」と話があるまでしっかり着用しましょう。また、バストバンドで皮膚の発赤やかゆみなどの症状があった場合は、さらしや伸縮性のある幅広の包帯で代用が可能ですので、医療者に相談して下さい。

(バストバンド)

適切な下着について

傷への刺激を避ける必要があります。下着の選択には下記のポイントを押さえて下さい。

  • 締めつけのない、ゆったりした下着にしましょう
  • アンダーバストは幅広でくい込まないものが良いでしょう
  • 綿などやわらかくて伸縮性があり、汗の吸収が良い素材にしましょう