乳房再建術後の 経過とケア

術後の経過と日常生活

自家組織移植

遊離腹部穿通枝皮弁法(ゆうりふくぶせんつうしひべんほう

術後6ヵ月以降(遊離腹部穿通枝皮弁法)

傷の変化は6ヵ月で完了します。今までお話してきたような再建術後における行動や生活の制限はありません。下着も体に合った好きなものを着用して下さい。うつ伏せ寝をしても大丈夫ですし、運動もご自分のペースで行っても大丈夫です。ただし、1つだけ注意点があります。

■体重の変化について

太ると脂肪で作った胸は大きくなります。痩せると小さくなります。太り過ぎると、再建した乳房は100%お腹の脂肪なので、再建していない乳房より大きくなり、左右の胸のバランスが悪くなります。標準体型の方だと、2~3kgの体重の変化で体形が変わってきます。左右の乳房のバランスを維持するには、乳房再建術後の体重の変化にも気をつけましょう。