乳房再建術後の 経過とケア

術後の経過と日常生活

ティッシュ・エキスパンダー

「ティッシュ・エキスパンダー」手術後の経過をイメージしやすいようにするために、「ティッシュ・エキスパンダー」についてもう少し説明をします。

「ティッシュ・エキスパンダー」とは組織拡張器で皮膚を拡張させる風船のようなものです。手術した胸の皮膚を乳房の形に伸ばすもので、実際は胸の大胸筋(だいきょうきん)の下に挿入します(図1)。これは、一生入れておくことはできないので、必ず自家組織か乳房インプラントと入れ替えをします。

(図1) ティッシュ・エキスパンダー挿入部(イメージ)

手術時に生理食塩水を100ml程度注入します。一定期間、複数回をかけて、生理食塩水を少しずつ注入して、徐々に大きくしていきます。患者さんの状態や施設にもよりますが、一般的には手術の2週間後頃から拡張し始めます。拡張期間は乳房の大きさにより異なります(図2)。生理食塩水の注入後は、皮膚も大胸筋(だいきょうきん)も急に伸ばされるので、痛みや圧迫感があったりします。痛みは時間の経過とともに和らぎますが、痛みが強い場合はがまんしないで病院に連絡して下さい。膨らませる目安は、乳房インプラントでは自分の乳房と大きさが同じかやや大きくなるまで、自家組織移植では自分の乳房の大きさの150%程度が目安になります。生理食塩水は1回/1~4週間の割合(患者さんによって異なります)で注入していきますので、その都度外来受診が必要になります。なお、ティッシュ・エキスパンダーには、生理食塩水を注入する部分に磁石が入っているため、ティッシュ・エキスパンダーが入っている期間は、MRI(磁気で断層撮影する検査方法)の検査を受けることができませんので注意して下さい。

(図2)ティッシュ・エキスパンダーによる皮膚拡張(イメージ)