乳房再建術後の 経過とケア

術後の経過と日常生活

自家組織移植

自家組織移植は、主にお腹の組織を移植する方法と背中の組織を移植する方法があります。どちらも胸の他にも移植用の組織を取った所に傷ができますので、胸だけではなく、組織の採取部のケアも必要になります。また、インプラントと異なり、移植後の組織(皮弁(ひべん)と言います)を定着させるために血流の確保と再建した乳房の形態の維持が大切になります。一般的に自家組織移植は、術後早期は体の管理などで大変ですが、術後6ヵ月を経過すると制限はなくなりますので楽になります。それはやはり自分の組織なので、体に馴染むという一言に尽きます。