乳房再建術後の 経過とケア

術後の経過と日常生活

自家組織移植

広背筋皮弁法(こうはいきんひべんほう

術後2週間から6ヵ月

広背筋がなくなっても、他の筋肉がカバーしますので、基本的には運動制限はありません。この時期の体の状態や気をつけたいことは以下の通りです。

それでは、それぞれについて述べていきます。

■外来受診について

週に1~2回外来受診をします。背中の広い範囲を剥がしますので、患者さんによっては、背中の皮下に浸出液などが溜まります。この溜まった液は外来で抜きます。一般的に、これは1~2ヵ月間程度の期間です。

■圧迫を避けることについて

まだまだ傷が変化している時期なので、引き続き局所の圧迫は避けましょう。下着は、「締めつけ」、「寄せ上げ」、「ワイヤー」は避け、締めつけないタイプのものを使用して下さい。うつ伏せ寝もしないように気をつけて下さい

■再建した乳房の変化について

移植した広背筋は筋肉として使われないので、6ヵ月間位かけて徐々に小さくなります。しかし、小さくなることを想定して再建乳房はやや大きめに造られます。