乳房再建術後の
経過とケア

乳房再建について

乳房再建とがんの治療

乳房再建には、乳がん手術と同時に行う一次再建と、乳がん手術が終わって一定期間おいてからおこなう二次再建があります(詳細は乳房再建術を受ける時期と回数を参照)。どの時期に再建術を行うかは患者さんの希望だけでなく、術後に抗がん剤治療や放射線治療の可能性がある患者さんは、担当医の判断で二次再建をお勧めすることがあります。このように患者さんの体の状態や治療の内容によってはがんの治療と同時進行させることができない場合があります。乳房再建は抗がん剤治療や放射線治療の後でも受けることができますので、同時進行ができない場合や乳房再建を悩まれている場合は、がんの治療を優先させて下さい。

また、形成外科が無い施設や、乳房再建を行っていない施設で乳がん手術を受けた患者さんでも、乳房再建を行っている施設において二次再建で乳房を取り戻すことができます。どの時期で再建術を受けるのがベストなのかについては、医療者によく相談するようにしましょう。

抗がん剤治療と乳房再建

抗がん剤の治療中は、抗がん剤の副作用で感染しやすくなり、術後合併症のリスクが高くなります。基本的には、抗がん剤治療が終了し、抗がん剤の影響が無くなってから手術を行いますが、乳房再建を行う時期は主治医と相談して下さい。なお、ホルモン療法では乳房再建を同時進行することができます。

術後放射線治療と乳房再建

放射線治療を行うと、放射線の照射範囲で皮膚炎が起こりますので、皮膚が固くなり伸びにくくなります。従って、放射線治療後にティッシュ・エキスパンダーを使用する二期再建(乳房再建術を受ける時期と回数を参照)は難しくなります。また、基本的にティッシュ・エキスパンダー挿入中は放射線治療を行うことができません。放射線治療は、乳房インプラントに入れ替えた後に行いますので、乳がん手術後に放射線治療が予定されている場合は、ティッシュ・エキスパンダーによる乳房再建はできません。

自家組織移植でも、放射線の照射により、合併症のリスクが高くなります。また、放射線を照射した部分の皮膚が固くなったり、色素沈着により、整容性が悪くなることがあります。

放射線治療後に乳房再建を行う場合は、治療終了後1年間はあける必要があります。