乳房再建術後の 経過とケア

術後の経過と日常生活

自家組織移植

広背筋皮弁法(こうはいきんひべんほう

広背筋皮弁法(こうはいきんひべんほう)は、背中にある広背筋と皮膚、脂肪を血管がつながった状態で胸に移植する方法です(乳房再建術の方法を参照)。お腹と異なる点は、移植した組織の半分程度が筋肉というところです。筋肉は萎縮することがあるので、移植後にある程度小さくなります。そのため再建術では、自分の乳房より大きめの乳房を造ります。なお一般的には、移植する広背筋と脂肪は、肩甲骨より下の背中から取ります。

では、広背筋皮弁法(こうはいきんひべんほう)術後の経過とケアについて説明をしていきます。