乳房再建術後の 経過とケア

医療費負担の軽減について

高額療養費制度

「高額療養費制度」とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、1ヵ月(月の初めから終わりまで)で自己負担限度額(年齢や収入によって異なります)を超えた場合に、その超えた金額が払い戻される制度です。ただし、支払った額の中には、入院時の食費や差額ベッド代などは含まれません。また、70歳未満の方や住民税非課税世帯の方の場合、予め「限度額適用認定証(非課税の方は限度額適用・標準負担額減額認定証)」の交付を受け、医療機関に事前に提示することで、窓口での支払いを自己負担限度額までに抑えることができます。詳しい内容は病院の相談室や加入されている公的医療保険者の窓口にご確認下さい。