乳房再建術後の 経過とケア

はじめに

近年、乳房再建術を受けられる患者さんが増加しています。これは、2013年7月以降、乳房再建の乳房インプラントが公的医療保険の適用となり、乳がん術後に乳房再建術を受けやすくなったことや、インターネットなどで、容易に乳房再建についての情報を手に入れることが可能になったためであると推測できます。一方で乳房再建術後に「こんなはずではなかった」と感想を述べられる患者さんも少なからずいます。それは、乳がんの治療と同時に乳房再建についても考えなくてはならず、じっくり考える時間や心の余裕がなかった、医療者の情報提供が不十分であったなどの原因が考えられます。

医療従事者からの情報提供は、手術に関する説明が中心であり、手術後の経過についての説明が不十分なこともあります。また患者さんも「がん治療」で頭がいっぱいな時で、たとえ丁寧に説明されても頭に残っていないこともあるのではないかと思います。そこで私たちは、乳房再建の手術後の経過や必要なケアについてお伝えすることは、患者さんの乳房再建を選択する判断の一助になると考えました。

このコンテンツでは、乳房再建術の概要と手術後の日常生活をどのように過ごしたら良いのかについてまとめています。これらの情報を得ることで、乳房再建を考えられている患者さんの悩み解決の助けになることができましたら幸いです。このコンテンツが乳がん患者さんのお役に立つこと、心から祈っております。

このコンテンツは、静岡県立静岡がんセンター発行の冊子「乳房再建術後の経過とケア」(2022年3月 第2版発行)を基に制作したものです。

監修:静岡県立静岡がんセンター

総長 山口 建

制作:静岡県立静岡がんセンター

再建・形成外科特別非常勤 武石 明精
再建・形成外科部長 安永 能周
再建・形成外科医長 中尾 淳一
乳腺外科部長 西村 誠一郎
乳がん看護認定看護師 的場 めぐみ
乳がん看護認定看護師 村田 美智子
乳がん看護認定看護師 正木 純
疾病管理センターよろず相談MSW 澵井 佑美子
疾病管理センターよろず相談MSW 平林 美紀
疾病管理センター看護師長 廣瀬 弥生
疾病管理センター 阿多 詩子

協力:

浜松医科大学医学部附属病院 形成外科特任教授
(静岡県立静岡がんセンター特別非常勤/前再建・形成外科部長)
中川 雅裕
国立がん研究センター中央病院形成外科長
(前静岡県立静岡がんセンター再建・形成外科医長)
赤澤 聡

問い合わせについて

内容に関するお問い合わせ

静岡県立静岡がんセンター疾病管理センター
電話:055(989)5222

ウェブサイトに関するお問い合わせ先

大鵬薬品工業株式会社
電話:03(3294)4527