抗がん剤治療における骨髄抑制と
感染症対策

感染症とワクチン(予防接種) 感染症の悪化を予防するために

骨髄抑制(こつずいよくせい)が起こっている期間は、体の抵抗力が低下してしまいます。この期間に感染症にかかってしまうと、重症化するリスクが高くなります。日頃の感染予防対策(日常生活について参照)を行うとともに、ワクチン接種で感染症の悪化予防ができるものは、予防するようにしましょう。