抗がん剤治療における骨髄抑制と
感染症対策

治療法について 簡単に述べます

白血球減少時の治療

感染を起こさなければ、大きな問題にはなりませんが、感染徴候には充分注意する必要があります。また、痛む所や腫れているなどの症状がある場所で、感染場所の特定と使用する薬がわかることがあります。

①感染予防対策

基本的な感染予防対策は継続して下さい(日常生活について参照)。

②抗菌薬(抗生物質、抗ウイルス薬、抗真菌薬)の使用

感染が起きた、または起こる可能性が高い場合は、菌やウイルスを退治するために使用します。内服は医師の指示通りにして下さい。内服の途中で症状が軽減しても自己判断で内服を中止しないようにしましょう。

③好中球(こうちゅうきゅう)を増やす薬

G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)を使用します。これは、好中球数を増やし、骨髄機能回復までの期間を短縮し、感染リスクを下げる目的で使用します。投与する時期や適応は、適正使用ガイドラインに従って一人ひとりの状況により異なります。