抗がん剤治療における骨髄抑制と
感染症対策

日常生活について 正しい知識と適切なケアの継続が大切です

《清潔》・・・感染源をつくらないために

皮膚や粘膜には外から侵入する微生物や外部刺激から体を守る役割があります。抗がん剤治療中は薬の影響で皮膚や粘膜もダメージを受け、この体を守る機能が低下してしまう可能性があります。

清潔を保ち、乾燥させないようにすることが大切で、それが感染予防のケアにもつながります。