抗がん剤治療における骨髄抑制と
感染症対策

治療法について 簡単に述べます

骨髄抑制(こつずいよくせい)に対する治療法は、対症療法が行われます。症状が軽いうちに対処することが大切なので、何か症状があれば医療機関に相談しましょう。また、患者さんから「食事や運動などで改善できませんか?」と聞かれることがあります。しかし、薬の副作用である「骨髄抑制」に対して、日常生活上の行動ですぐに効果が得られるような行動はないので、無理はしないようにして下さい。

それでは、血球別に概要を述べます。