抗がん剤治療における骨髄抑制と
感染症対策

日常生活について 正しい知識と適切なケアの継続が大切です

こんな時は医療機関に連絡を!!

ここでもう一度まとめます。骨髄抑制(こつずいよくせい)による症状が出現したら、患者さんの努力だけでは解決ができません。重症にならないように、早期に対応することが大切です。あらかじめ医療者にどのような時に連絡をしたらよいかについて、確認をしておくとよいでしょう。

例えば・・・・

  • 体温38度以上の発熱
  • 抗菌薬を内服しても熱が下がらない
  • 今まで経験したことがないような咳や息苦しさ、痛み、頻回な下痢
  • 出血が止まらない
  • めまいやふらつきがひどい
    など