抗がん剤治療における骨髄抑制と
感染症対策

骨髄の機能と骨髄抑制、原因など より理解するために

骨髄抑制(こつずいよくせい)とは?

骨髄の機能が低下して、血液の生産能力が下がることを「骨髄抑制」と言います。骨髄抑制は、使用される薬の種類や投与量、患者さんの体の状態などによって、程度や発現時期が異なります。そして、吐き気や脱毛などの症状と違って、自分ではわかりにくい副作用で、重篤化する場合もあるので、必ず定期的な血液検査が行われます。

骨髄抑制の症状と経過をまとめると、図1、表2のようになります。

(図1)骨髄抑制;症状の一例

(表2)骨髄抑制の経過(目安)

赤血球 寿命が長いので、白血球や血小板の減少に比べて緩やかに出現します(薬の投与後2週間~1か月以降)。
白血球 薬の投与後1~2週間で最低値になり、その後1~2週間かけて徐々に回復します。
血小板 薬の投与後1週間目位から出現し、2~3週間で最低値になります。回復は白血球よりゆっくりです(3~4週間)。

表2で示したように、骨髄抑制の中でも最初に抗がん剤の影響を受けるのが白血球です。そして、赤血球や血小板は「輸血」で補うことができますが、白血球はできません。そのため、まず感染対策(感染症とワクチン(予防接種)日常生活について参照)が必要になります。下に改めて感染が起こりやすい体の部位と症状の一例を示します。

感染が起こりやすい体の部位と症状(一例)

一般的に感染症は外に通じている部位で起こりやすい