乳がん術後の下着・パッドの
アドバイス

はじめに

乳がん術後に身につける下着についての悩みや不安を抱えている患者さんは多くいらっしゃると思います。それは、「下着」というデリケートな話のため、気軽に相談しにくいことと、医療従事者からの情報提供も充分ではないのではと考えられます。

手術後は経過に合わせて下着やパッドを選択する必要があります。そのため多くの患者さんは「専用の下着やパッドを準備しなければいけない」と考えてしまうかもしれません。確かに手術直後には、術後用の下着の準備をお願いする施設が多いと思います。しかし、手術後の経過に合わせて術前に使用していた下着や身の回りにあるものを工夫して対応していくことも可能です。

手術後の傷の大きさや位置、経過には個人差があります。このコンテンツでは、専用の下着やパッドの購入を勧めるのではなく、手術後の経過に合わせて、どのような視点で身につける下着を考えたらよいのか、また、手作りのものと専用のものを使いこなすアイデアやコツをお伝えします。

このコンテンツが少しでも手術後の生活のお役に立つ事を、心から祈っております。

監修:静岡県立静岡がんセンター

総長 山口 建

制作:静岡県立静岡がんセンター

乳腺外科部長 西村 誠一郎
乳がん看護認定看護師 三輪 綾子
乳がん看護認定看護師 藤原 知子
看護部看護師長 松下 千恵子
女性病棟看護師長 小泉 聡美
疾病管理センター看護師長 廣瀬 弥生
疾病管理センターイラスト・写真 阿多 詩子
秋山 朋美

問い合わせについて

内容に関するお問い合わせ

静岡県立静岡がんセンター疾病管理センター
電話:055(989)5222

ウェブサイトに関するお問い合わせ先

大鵬薬品工業株式会社
電話:03(3294)4527