乳がん術後の下着・パッドの
アドバイス

乳がん用下着・パッドの特徴と種類

専用パッドの種類と特徴

パッドにはシリコンタイプや綿・ウレタン・スポンジタイプ、ジェルタイプの種類があります。一般的には手術後の経過に合わせて、形や重さを考えて選びます。

シリコン

  • 感触が乳房に近い
  • 重さがある
  • 通気性に関しては期待できないものが多い

綿・ウレタン・スポンジ

  • シリコンタイプに比べると安価
  • 洗うことができる
  • 重さがない

ジェル

  • 形をある程度自由に変化させることができる
  • 通気性はない

これらのパッドの使い方は、下着のポケットに入れたり、下着と皮膚の間に挟むなどして使用します。またシリコンパッドの中には、皮膚に直接つけるタイプがあります。選択には手術後の傷への負担や刺激を避けることがポイントです。手術の傷が治るまでは、軽いもの、皮膚に直接貼らない、通気性のよいものを選んで下さい。なお、皮膚に貼れるパッドについては、皮膚に貼れるパッドについてを参照して下さい。