抗がん剤治療における骨髄抑制と
感染症対策

日常生活について 正しい知識と適切なケアの継続が大切です

《清潔》・・・感染源をつくらないために

トイレ

  • トイレットペーパーで拭く時は、肛門を傷つけないように、やさしく拭いて下さい。なお、おしりを洗浄する機能があれば、それを使用して下さい(水圧は弱めがよいでしょう)。
  • 下痢が続く時は特に肛門や肛門周囲の皮膚がただれないように、洗浄するなどして清潔を保持して下さい。
  • 生理中は汚れやすいので、普段より清潔を保つように気を配って下さい(ナプキンの交換回数やビデでの洗浄など)。また、タンポンは使用しないで下さい。
  • 出血しやすい時期にある時は、便秘で力むと出血しやすくなるので、便秘にならないように、下剤を内服するなど早めに対処しましょう。