抗がん剤治療と末梢神経障害

末梢神経障害を起こしやすい抗がん剤について 一覧表を示します

殺細胞性の抗がん剤

殺細胞性の抗がん剤とは
細胞が分裂して増える過程に作用する抗がん剤。細胞増殖の盛んな細胞を障害します。

一般名※ 商品名※ 症状 対象となるがんの種類
パクリタキセル タキソール
パクリタキセル
手足のしびれ、痛み、感覚が鈍い 非小細胞肺がん、乳がん、卵巣がん、子宮体がん、胃がん など
パクリタキセル
(アルブミン懸濁型)
アブラキサン 手足のしびれ、痛み、感覚が鈍い 乳がん、胃がん、非小細胞肺がん、膵がん
ドセタキセル タキソテール
ワンタキソテール
ドセタキセル
手足のしびれ、感覚が鈍い 非小細胞肺がん、乳がん、卵巣がん、子宮体がん、前立腺がん、頭頸部がん、食道がん、胃がん
カバジタキセル ジェブタナ 運動のまひ、感覚のまひ、手足のしびれ、手足の痛み
前立腺がん
ビノレルビン ナベルビン
ロゼウス
知覚異常、腱(けん)反射減弱 非小細胞肺がん、乳がん
ビンクリスチン オンコビン 手足のしびれ、感覚異常、便秘 白血病、悪性リンパ腫、小児腫瘍、多発性骨髄腫、神経膠腫 など
ビンブラスチン エクザール 歩行困難、知覚異常 悪性リンパ腫、絨毛がん、胚細胞腫瘍 など
ビンデシン フィルデシン 筋力低下、しびれ感、知覚低下 急性白血病、悪性リンパ腫、肺がん、食道がん
エリブリン ハラヴェン 手足のしびれ、感覚が鈍い、脱力感 乳がん、悪性軟部腫瘍
オキサリプラチン エルプラット 手足、口周囲のしびれ、痛み、感覚異常、知覚不全、のどのしめつけ感 大腸がん、胃がん、膵臓がん
シスプラチン シスプラチン
ブリプラチン
ランダ
手足のしびれ、痛み、感覚が鈍い、聞こえにくい 肺がん、消化器がん、婦人科がん、泌尿器系のがん など
カルボプラチン カルボプラチン
パラプラチン
手足のしびれ、痛み、感覚が鈍い 頭頸部がん、小細胞肺がん、睾丸腫瘍、卵巣がん、子宮頸がん、悪性リンパ腫、非小細胞肺がん、乳がん など
ネララビン アラノンジー 手足の痛み、しびれ、感覚麻痺、筋力低下 T細胞急性リンパ性白血病、T細胞リンパ芽球性リンパ腫

※薬の一般名と商品名
「一般名」とは薬の有効成分を示す名前です。
これに対して「商品名」とは製薬企業が医薬品を販売するためにつけた名前です。