抗がん剤治療と末梢神経障害

対症療法について 薬剤を使用した対症療法について説明します

末梢神経障害は、抗がん剤の影響以外の原因でも起きることがあります。したがって、抗がん剤治療中に症状があれば、何が原因かをはっきりさせ、適切な処置を受けるためにも、まず医療者に相談することが大切です。

抗がん剤によって出現する末梢神経障害に関しては、その原因や症状はわかっていても、症状の増強の予防や治療のための有効な方法が確立されていないのが現状です。症状が悪化した場合は、原因となる薬物の減量や中止をするのが一般的です。しかし、症状を「やわらげる」効果があると報告されている薬剤もありますので、それらについて簡単に述べておきます。なお、味覚障害や嗅覚障害は、薬での対処は難しいので、食事などの工夫が必要となってきます。抗がん剤の種類・副作用・対処法などについては、このページに記載することができませんので、静岡がんセンターのサイトをご覧下さい。

静岡がんセンターのサイトで薬剤名とその詳細について知ることができます。

静岡がんセンターのサイトをご覧になりますか。

※リンク先のウェブサイトは大鵬薬品工業株式会社を離れ、静岡がんセンターが運営するサイトであることをご了承下さい。リンク先のサイト内容についてのお問い合わせは、静岡がんセンターまでお願い致します。

※「はい」を押すと、別タブが立ち上がります。SURVIVORSHIPに戻るためには、新しく立ち上げた別タブを閉じて下さい(画面上部の×マークを押して下さい)。

以上の免責事項を一読のうえ、進んでいただきますようお願い致します。


静岡がんセンターのサイトへ移動

薬の服用は自己判断で増加したり減らしたりしないようにしましょう。また、この他に日常生活の中で悪化防止やそのための工夫をしていくことも大切です。そのことについては、一般的なケアと対処法で述べていきます。