抗がん剤治療と末梢神経障害

一般的なケアと対処法 少しでも上手につき合っていくために、ケアは大切です

転倒やけがなどに注意しましょう 日常生活の中での注意と工夫

今まで、普通に行えていた日常動作に困難を覚えることがあり、不安が強くなると思います。気持ちもあせり注意が行き届かなくなります。落ち着いて行動し、時間に余裕を持つようにして下さい。また、一人で頑張るのではなくて、可能であれば手伝ってもらいましょう。

それでは、以下に詳細を説明いたします。

①温度に関すること・・火傷(やけど)に注意

感覚が鈍くなっている場合は、熱いものに触っても気がつかない場合がありますので、注意が必要です。

直接、鍋やフライパンなどに触れないようにしましょう。鍋つかみを使用すると良いでしょう。

風呂の温度確認で直接手を入れないで下さい。水温計を使用したり、家族等に依頼して下さい。

ストーブや湯たんぽなどで火傷をしないように気をつけましょう。

②、③についても以下のページにて詳細を説明いたします。