抗がん剤治療と末梢神経障害

一般的なケアと対処法 少しでも上手に付き合っていくために、ケアは大切です

寒冷刺激を避けましょう 症状の悪化防止です

寒冷刺激とは、"冷たい"とか"ひんやり感"を感じる刺激です。なお、抗がん剤によっては、寒冷刺激が症状を誘発、悪化させる要因になっているものもあります。仕事も含め、日常生活の中でどうしても寒冷刺激を避けることができない方は、医療者や家族、職場などとよく相談をして下さい。

冷たいものに触れたり、飲んだりしないで下さい。

洗面や手洗いなど可能な限り温水を使用しましょう。

炊事や洗濯時は厚めのゴム手袋を着用しましょう。

皮膚が濡れたらすぐに水分を拭き取るようにして下さい。

エアコンなどの冷気に体をさらさないように気を付けましょう。
また、床など"ひんやり感"を感じる所に直接座らないようにしましょう。