抗がん剤・放射線治療と食事のくふう

症状と対策

口内炎・乾燥

解説ページへ

症状

口の中が渇く/口の中がねばつく/のどがつかえて飲み込めない/食べ物がパサパサして食べにくい

原因

抗がん剤治療

抗がん剤により口の中の粘膜の細胞がダメージを受けて炎症を起こしやすくなるうえ、唾液腺の機能が低下して唾液が減るために、いっそう傷つきやすくなる。抗がん剤による白血球減少があると感染しやすくなり、さらに炎症が起こりやすくなる。

放射線治療

症状の原因となる放射線照射の部位と範囲

  • 頭部と頸部

口やのどの粘膜が傷ついて炎症が起こる。頭部や頸部の照射は、唾液腺にダメージを与えて唾液の量を減少させ、濃くするために口の中が乾燥し、さらに傷つきやすくなる。

症状をおさえるためのくふう

口内炎・乾燥

  • 口の中を清潔に保つよううがいや歯みがきを頻繁にする。ただし、粘膜を傷つけないよう注意する。
  • 乾燥に対して、口腔内ににおいの気にならない油を塗る。

症状が現れたときの対策

  • 食べやすく、飲み込みやすい料理をくふうする。
  • 食事に汁物や飲み物を添える。
  • 酸味や辛味、濃い塩けや甘味、熱い料理を控える。
解説ページへ