抗がん剤・放射線治療と食事のくふう

症状と対策

白血球減少

解説ページへ

症状

白血球が減少すると免疫力が落ち感染症にかかりやすくなる

原因

抗がん剤治療

抗がん剤により、骨髄の造血機能がダメージを受け、白血球が作られなくなるため。白血球以外の血液成分、血小板や赤血球も減少する。

放射線治療

症状の原因となる放射線照射の部位と範囲

  • 広範囲・多量
  • 腹部と骨盤

放射線により骨髄の造血組織が損傷を受け、白血球などの血液成分の生産が滞るため。

症状をおさえるためのくふう

白血球減少

  • 感染症を防ぐために人ごみを避ける。日常生活でも、手洗い、うがいなど、衛生管理に注意する。
  • 生水、なま物を控えて、充分に加熱したものを食べる。

症状が現れたときの対策

  • 症状が悪化するときは治療を中止する。
  • 感染症が疑われるときは抗生物質などを投与する。
  • 必要に応じて白血球を増やす薬剤を投与する。
解説ページへ