抗がん剤・放射線治療と食事のくふう

症状と対策

下痢

解説ページへ

症状

食べるとすぐに下痢をする/便秘と下痢をくり返す/下痢が続いて苦しんだ/吐き気と下痢が、治療回数が重なるほど強くなった

原因

抗がん剤治療

抗がん剤によって胃腸の粘膜に損傷を受けるため。薬の種類によって、投与後症状がすぐに起こったり、症状が強く出やすいもの、下痢と便秘をくり返すものなどの違いがある。

放射線治療

症状の原因となる放射線照射の部位と範囲

  • 広範囲・多量
  • 腹部と骨盤

放射線により胃腸の粘膜が損傷を受けるため。

症状をおさえるためのくふう

下痢

  • 脂肪の多い食品や甘味の強い食品は控える。
  • 不溶性食物繊維や発酵しやすい食品も控える。
  • 低脂肪高たんぱく質の食事を心がける。

症状が現れたときの対策

  • 水分とカリウムなどの電解質を含むイオン飲料を室温程度にして、1日2リットルくらいまで飲む。
  • 医師に報告して下痢止めや整腸剤を処方してもらう。
解説ページへ