抗がん剤・放射線治療と食事のくふう

書籍版のご紹介

患者さんとご家族へ

静岡県立静岡がんセンター病院栄養室長 稲野 利美

近年、がんの治療は、通院や在宅でできるケースが増え、日常の生活を送りながら治療できるようになってきました。その半面、治療にかかわるさまざまな生活の管理や対処は、患者さんや支援されるご家族自身が主体的に行なわなければならなくなっています。中でも食生活の比重は大きく、とまどわれる患者さんも少なくないようです。

病院の患者図書館やよろず相談へ寄せられる問い合わせや、がんの悩みに関する調査からも、食生活の情報が必要とされていることがうかがえます。しかしそのわりに、化学療法や放射線療法中の食生活に関する情報は少ないようです。この本を出版したきっかけには、以上のような背景が大きく関係しています。

化学療法や放射線療法で食欲が低下した患者さんにとって“食べられない”ことは大きな悩みです。時期的にどうしても食べられないときもありますが、少しでも食べていただこうと、病院では、一人一人の状態や嗜好などを伺いながら、個人に合った食事を提供できるように努めています。

ところが本の場合、対象となるのは顔の見えない患者さんです。症状は同じでも、嗜好や価値観などによって適する料理も異なりますし、味つけも異なります。また食事は生活の一部ですから、食事だけを切り離して紹介してもあまり意味がありません。この本をまとめるにあたって直面したのは、そうした個々人に向けた食事を資料にまとめるむずかしさでした。

そこでこの本では、まず病院での対応にならって、症状別のレシピ集や注意点など、患者さんが自分に合った食事を考えるのに必要な情報やヒントを提供することに努めました。毎日の食事はあくまで患者さんやご家族が主役ですから、それらを参考に、気楽に写真をながめながら、自分に合った料理を考えていただければと思っています。また、患者さんみずからが食事のしたくをしなくてはならない場合も増えていますので、簡単に調理ができるくふうも紹介しています。

さらに、多職種によるチーム医療の成果も盛り込もうと考えました。医師や看護師、栄養士などのアドバイスを参考に、自分の症状を客観的に分析し原因を探るための手がかりや、支援してくれるご家族との相談の材料として、この本を使っていただけるとよいかもしれません。

自分がどうして食べられないのか、なになら食べられるのかわからない。また、食べたいというのでせっかく作ったのに、できたときにはもう食べたくないということもよくあります。ご家族が食事の話をするだけで患者さんの精神的な負担になることもあり、途方にくれてしまう姿をよく見かけます。このような患者さんの心理状態や症状をよく理解して、お互いが日々の食事に向き合うことがたいせつなのではないでしょうか。

少しでも食べられる努力をすることは、治療面でも精神面でもとても重要です。ぜひ、この本をたたき台に、自分なりの対応方法やレシピを作り上げていただきたいと思います。