抗がん剤・放射線治療と食事のくふう

症状と対策

便秘

解説ページへ

症状

がんこな便秘が続く/便秘と吐き気で苦しんだ/下剤を飲まないと便がでない/便もガスも出ない

原因

抗がん剤治療

食事の量が減って便の量が減るため。また、抗がん剤が胃や腸の運動を調節する神経やホルモンに影響を与え、排便を促す腸の蠕動運動が起こりにくくなる。

放射線治療

症状の原因となる放射線照射の部位と範囲

  • 腹部と骨盤

食欲不振から食事や水分の摂取量が減って、便の量が少なく、また、かたくなるため。

症状をおさえるためのくふう

便秘

  • 水溶性食物繊維をたっぷりとる。
  • 水分をたっぷりとる。
  • 乳酸菌を含む食品をとる。
  • 高脂肪食品を控える。

症状が現れたときの対策

  • おなかのマッサージをする。
  • 朝食後、ゆっくりとトイレタイムをとる。
  • 軽い散歩を心がける。
  • 牛乳を飲む。
解説ページへ