抗がん剤・放射線治療と食事のくふう

症状と対策

吐き気・おう吐

解説ページへ

症状

胃がむかむかする/食べようとすると吐き気がする/料理のにおいで吐き気がする/おう吐したことを思い出して気分が悪くなる

原因

抗がん剤治療

抗がん剤によって消化管の粘膜が傷つく。あるいは、血液中に生じた物質が、中枢神経や腸の神経を刺激するため。副作用に対する不安や恐怖心、過去の記憶が不快感を強めることもある。

放射線治療

症状の原因となる放射線照射の部位と範囲

  • 広範囲・多量
  • 頭部と頸部
  • 胸部と縦隔
  • 腹部と骨盤

食道や胃が照射範囲にあると、粘膜炎が起きて症状が出やすい。抗がん剤とあわせて治療を受けているといっそう発症しやすい。心理的な要因もある。

症状をおさえるためのくふう

吐き気・おう吐

  • 症状が起こるタイミングをはずして食べる。
  • 少しずつ数回に分けて食べる。
  • 胃腸に負担にならないよう、消化のよい食品を選ぶ。
  • 治療前に軽く食べ、治療後は数時間、固形物をとらない。

症状が現れたときの対策

  • おう吐したら1~2時間食事を控える。
  • おう吐したらレモン水や冷たい番茶でうがいをする。
  • 水分とミネラルをこまめに補給する。
解説ページへ