抗がん剤治療と皮膚障害

治療法について 主な皮膚障害の治療法を説明します

手足症候群の治療

治療薬の休薬、減量が原則ですが、下に症状に応じた対処法を示します。

  • 紅斑(炎症) ステロイド軟膏
  • 角質増殖・乾燥 尿素軟膏、ヒルドイド軟膏
  • 亀裂 ステロイド軟膏+抗炎症作用がある抗生剤の内服
    摩擦を低減する高すべり性スキンケアパッド

また、予防をしていくことも必要です。手足症候群が高い頻度で出現する薬剤での治療開始前(2週間前位)から、「角質のコントロール」、「炎症のコントロール」を行いましょう。

  • 角質のコントロール 尿素軟膏(+削る
  • 炎症のコントロール 強めのステロイド軟膏
    角質を削るのは医療者が行います。

さらに、日常生活の中でも手足の保湿と保護する対策が大切です。「一般的なケア」を参考にして、できることから始めてください。近年では、点滴開始前から終了後まで、手や足を冷却すると症状が抑えられることがわかり、実施されています。

フローズングローブ
(手を冷やすためのアイテム)
ペットボトルによる
簡易冷却法(冷水)
冷却ジェルの利用

※冷却法は爪障害の予防にも使用されることがあります。