抗がん剤治療と皮膚障害

参考文献

  • 中山貴寛(監):爪・皮膚障害の対策7 抗がん剤の副作用、爪・皮膚障害はフローズングローブで予防!.がんサポート.2012;113:44-46.
  • 清原祥夫(監):分子標的薬による皮膚障害対策1 分子標的薬による皮膚障害は出ることが前提で、早めの対策を.がんサポート.2012;112:23-27.
  • 森文子:皮膚障害.濱口恵子,本山清美(編):がん化学療法ケアガイド改訂版.中山書店.2012;189-206.
  • 江並亜希子:EGFR 阻害薬の皮膚症状.プロフェッショナルがんナーシング.2012;2(3):41-52.
  • 清水宏:あたらしい皮膚科学第2 版.中山書店.2011.
  • 山﨑直也:分子標的薬時代の副作用対策 第2回特有の皮膚症状とその対処法 手足の観察とスキンケアが必須.Nikkei Medical.2011;71-74.
  • 浅子恵利(監):手足症候群の予防と対策2 早めの対策が治療継続につながる!手足症候群の予防と対策.がんサポート. 2011;97:16-19.
  • 山﨑直也:分子標的薬に伴う皮膚障害に対する治療.がん看護.2011;16(1):28-32.
  • 植村歩果:EGFR 阻害薬に伴う皮膚症状の予防と看護.がん看護.2011;16(1):33-36.
  • 野地彩有里:分子標的治療に伴う手足症候群の予防と看護ケア.がん看護.2011;16(1):37-41.
  • 信濃裕美:適切な与薬で副作用を予防・軽減する!抗がん剤の副作用対策②.エキスパートナース.2011;26(3):60-63.
  • 米山恭子,滝口裕一:がん分子標的治療薬の副作用とその対策 皮膚毒性.がん治療レクチャー.2011;2(2):341-348.
  • 田中登美(編):皮膚障害.外来がん化学療法 基礎知識・レジメン・チーム医療.Nursing Mook62.2010;176-178.
  • 小林直,立身玲子(監):爪障害と対策5 対策はある!抗がん剤治療による爪障害のケア.がんサポート.2010;83:36-39.
  • 山本彩有里:がん化学療法看護 EGFR 阻害薬による発疹の特徴と看護.ナーシングトゥデイ.2010;71-74.
  • 山本彩有里:皮膚障害.泌尿器ケア2009 年冬季増刊.2009.208-212.
  • 高橋純:抗がん剤治療による皮膚・粘膜への影響~皮膚・粘膜障害が生じやすい抗がん剤など~.がん看護.2009;14(6):650-653.
  • 国分秀也,矢後和夫:抗EGFR 薬剤の薬物動態と皮膚障害.がん看護.2009;14(6):654-659.
  • 木下幸子:手足症候群発生時の対応.がん看護.2009;14(6):660-663.
  • 井沢知子: がん化学療法を受ける患者へのスキンケア指導.がん看護.2009;14(6):669-671.
  • 舛田佳子:抗がん剤による皮膚障害のアセスメントとケア.がん看護.2009;14(6):673-677.
  • 椎野育恵,中谷裕子:がん化学療法と有害事象(副作用)での看護ケア 皮膚炎.臨床看護.2009;35(8):1180-1186.
  • 梶原絹代:いま増えている抗がん剤の副作用 ナースがかかわる手足症候群の予防・ケア.エキスパートナース.2009;25(15):12-15.
  • 後藤歩: 代表的な副作用対策 脱毛・皮膚障害. エキスパートナース.2009;25(8):128-132.
  • 宮地良樹,松永佳世子,宇津木龍一(編):スキンケアを科学する.南江堂.2008.
  • 松井佐知子:化学療法によって生じたスキントラブルは、どのようにケアする?.看護技術.2008;54(13):6-8.
  • 佐々木政子,上出良一:知って防ごう有害紫外線.ビジュアル版新体と健康シリーズ.少年写真新聞社.2008;18-30,36-47.
  • 福島雅典,柳原一広(監):脱毛・皮膚障害.がん化学療法と患者ケア.医学芸術社.2007;193-194.
  • 佐々木常雄:皮膚の異常.抗がん剤の作用・副作用がよくわかる本.主婦と生活社.2007;104-105.
  • 山口建(研究代表者):厚生労働科学研究費補助金「がん体験者の悩みや負担等に関する実態調査報告書 概要版」.2004.
  • 飯野京子,坂本照美:皮膚障害・漏出性皮膚炎のセルフケア支援.看護学雑誌.2003;67(11):1077-1083.
  • 消費者安全調査委員会:毛染めによる皮膚障害.消費者安全法第23条第1項の規定に基づく事故等原因調査報告書【概要】.2015.

資料提供の協力(順不同、敬称略)

本冊子の作成にあたっては、下記の製薬企業より参考資料をご提供いただきました。厚く御礼申し上げます。

旭化成ファーマ株式会社,アステラス製薬株式会社,アストラゼネカ株式会社,サノフィ株式会社,サンド株式会社,セルジーン株式会社,第一三共株式会社,大日本住友製薬株式会社,武田薬品株式会社,中外製薬株式会社,日本化薬株式会社,ノバルティスファーマ株式会社,バイエル薬品株式会社,マルホ株式会社,メルクセローノ株式会社,ヤンセンファーマ株式会社,日本ビーシージー製造株式会社,大鵬薬品工業株式会社,小林化工株式会社,小野薬品工業株式会社