抗がん剤治療と皮膚障害

治療法について 主な皮膚障害の治療法を説明します

ざ瘡様皮疹の治療

初めは比較的強めのステロイド剤の軟膏を塗って治療し始め、効果が出てきたら弱いステロイド剤にステップダウンします。その後に、にきび治療薬(具体的な薬剤名を知りたい場合は静岡がんセンターのサイトをご覧下さい)に変更し、予防していきます。症状が強い時は、抗炎症作用のある抗生剤(具体的な薬剤名を知りたい場合は静岡がんセンターのサイトをご覧下さい)、抗ヒスタミン作用のあるかゆみ止めを内服併用します。