抗がん剤治療と皮膚障害

治療法について 主な皮膚障害の治療法を説明します

爪の変化/爪囲炎(そういえん)の治療

爪は手や足の動きに深く関係しています。爪の変化や爪囲炎で強い痛みなどが出現すると、物を持つ・立つ・歩行など、手足を使う動作を行うことが困難になります。速やかに主治医と相談し、専門医(皮膚科)を受診しましょう。治療は症状に合わせて薬を使用したり皮膚科的処置をします。もちろん悪化予防も大切で、一般的なケアの「爪のケアについて」を参考に、爪の保清、保湿、保護を行ってください。

爪の変化

一般的には爪のケアを行います。爪が欠けたり剥がれたりしないように、また、変形した爪で皮膚などを傷つけないように気をつけてください。

爪囲炎

薬による治療

  • 肉芽(にくげ)形成がある場合 強めのステロイド剤(外用)
  • 腫れが強い場合 強めのステロイド剤(外用)+冷却
  • 細菌感染を合併した場合 短期間の抗生剤(内服)

皮膚科的処置

薬剤の治療だけでは症状が改善されない時に行います。お薬と併用して行う場合もあります。

スパイラルテープ法

爪の際に肉芽が形成されて、爪がくい込んでいる場合に行います。下図のように爪がくい込んでいる部分を爪に当たらないように、テープで引っ張りながらテープをらせん状に巻きます。使用するテープは伸縮性があるものを使用します。

つけ爪

アクリル樹脂製のつけ爪をつけてカバーする方法です。肉芽が爪の上までかぶるように増殖した場合に行います。特徴は痛みが速やかに軽減し、靴を履くのも苦にならなくなります。

部分抜爪(ぶぶんばっそう)

爪が皮膚にくい込んで痛みがひどい時は、原因となっている爪の部分的な切除を行う場合もあります。

凍結療法(とうけつりょうほう)

液体窒素(えきたいちっそ)を用いて、肉芽(にくげ)部分を凍結させて固まらせる方法です。難治性の肉芽(にくげ)に対して行います。