がんの骨への転移と
日常生活

骨転移の治療法

治療法の選択

治療法は患者さんの病気の進行度や全身状態を考慮した上で、治療の目的(痛みの緩和、麻痺や骨折の予防、出現している症状に対する治療など)、骨転移(こつてんい)の進行度(数や骨折の有無)などによって選択がされます。しかし、患者さんがどのように考えるかも大切な要素です。さまざまな観点がありますので、主治医とよく相談しましょう。

<骨転移の治療法の選択の要素>

  • がんの種類や進行度
  • 患者さんの全身状態や症状
  • 治療の目的
  • 骨転移の進行度
  • 患者さんにとってのゴール