がんの骨への転移と
日常生活

骨転移と日常生活

療養生活を支えるしくみ

療養生活を支えるしくみがあります。一部を簡単に紹介しますが、患者さんの状態により使えるしくみが異なります。詳細は各相談窓口にお問い合わせ下さい。

公的介護保険制度※
概要 介護や支援が必要になった時に、適切なサービスを受け、自立した生活ができるようにするしくみです。利用者負担は1~3割*です(*2~3割:65歳以上で一定基準以上の所得の方)
対象 ①65歳以上の方で、病名に関わらず介護が必要な方
②40歳以上64歳以下の医療保険加入者の方で、介護が必要かつ16種類の特定疾病の方
給付内容 訪問介護等の居宅系サービス、施設系サービス
福祉用具の貸与、福祉用具購入費の支給(年間10万円)
住宅改修費の支給(原則一人につき20万円以内)
相談窓口 住居地の市区町村役場の介護保険担当課、病院の相談室地域包括支援センター

※この情報は、2018年8月現在のものです。制度が変更になると内容も異なりますので、その都度確認して下さい

社会福祉協議会の車いす貸出事業
概要 病気、高齢、けがなどで“一時的に”車いすが必要になった時に、無料もしくは安価でレンタルができます。費用や貸出期間は市町村によって異なります
相談窓口 居住地の社会福祉協議会
福祉用具の一般販売・レンタル
概要 介護保険の対象外の方でも、福祉用具の販売・レンタル業者で福祉用具の購入や有料レンタルができます。なお、福祉用具の種類によっては、レンタルができないものもあります(シャワーチェアなど)
相談窓口 福祉用具販売・レンタル業者、病院の相談室など