がん手術後のリンパ浮腫

リンパ浮腫の治療法

⑤圧迫療法

圧迫療法は圧力を持続的にかけることにより、治療後むくみが軽減した良好な状態を維持させること、組織の隙間にリンパ液がたまらないようにすること、さらにリンパ液の流れを良くすることを目的にしています。圧迫療法には弾性包帯を用いる方法(多層包帯法)と弾性ストッキングなどの弾性着衣を用いる方法があります。

弾性包帯を用いる方法(多層包帯法):細くする

組織と組織の隙間にたまった過剰なリンパ液を排液したい時に使用します。

弾性着衣を用いる方法:維持する

むくみが軽減した良好な状態を維持したい時に使用します。

圧迫療法が適さない場合

心臓、腎臓の病気を患っている、血栓性静脈炎(けっせんせいじょうみゃくえん)の急性期など。

圧迫療法をお休みする必要がある場合

発赤、かぶれなど皮膚の異常がある時、血圧が高い時、痛みやしびれを感じる時、手先や足先が冷たくなる時など。

※適応・不適応などは自己判断せず、必ず医療者の指導を受けて下さい。