がん手術後のリンパ浮腫

リンパ浮腫の治療法

③リンパ液の流れを良くする運動(適度な運動)

あしの関節を動かすことで、リンパ液の流れを良くすることができます。あしを動かすとその動きに合わせて筋肉は収縮と弛緩を繰り返します。その筋肉の収縮と弛緩の動きはリンパ管にも作用して、リンパ管内のリンパ液が一定方向に押し出され、結果としてリンパ液の流れが良くなります。これを「筋肉のポンプ作用」と言います。すでにリンパ浮腫と診断がされている方は、弾性包帯や弾性着衣を着用し、圧迫を加えた状態で「あし」の関節を動かす運動を行います。これを「圧迫しながらの運動」と言います。筋肉のポンプ作用に外から圧迫を加えると、この筋肉の収縮作用と圧迫の相乗効果でリンパ液の流れはいちだんと良くなり、むくみの状態が改善されやすくなります。〈図4〉

図4:筋肉のポンプ作用と圧迫の効果

また、リンパ浮腫がある関節は動かしにくい状態にあります。一般的に関節は動かさないでいると、ますます動かしにくくなります。それを予防するためにも運動を行います。