がん手術後のリンパ浮腫

田沼 明 部長(静岡がんセンターリハビリテーション科)のコメント

リンパ浮腫は、子宮がん、卵巣がんや乳がんなどの手術の後にしばしばみられますが、そのケアについての知識は十分広まっているとはいえません。リンパ浮腫を改善させたり悪化を防いだりするためには正しくセルフケアをおこなうことが必要です。病院や治療院などでの治療も有用ですが、日々の自宅でのケアが大変重要なのです。正しいケアの方法は専門家に指導を受ける必要がありますが、その復習をする際にこのサイトを活用していただきたいと思います。

乳がん、婦人科がん(子宮がん、卵巣がんなど)の手術を受けた後、しばしば患者さんがお悩みになる後遺症にリンパ浮腫があります。 当サイトでは、リンパ浮腫とはどのようなものか、またそのケア方法について文章とイラスト、映像や音声でわかりやすく解説しています。手術を受けられた場所により、リンパ浮腫が発生する部位が異なります。当サイトでは<上肢(腕)編>と<下肢(あし)編>と分けていますので、お悩みに応じてご覧下さい。

このコンテンツが皆さまの悩みを少しでも和らげることが出来ましたら幸いです。

監修:静岡県立静岡がんセンター

総長 山口 建

制作:静岡県立静岡がんセンター リハビリテーション科

部長 医師 田沼 明
作業療法士 田尻 寿子
理学療法士 三橋 範子
皮膚科部長 清原 祥夫
疾病管理センター看護師長 廣瀬 弥生
疾病管理センターイラスト 阿多 詩子

本コンテンツの動画はFlash形式で作成しております。Flash形式のコンテンツをご覧いただくためには、Adobe Flash Playerが必要です。

Q&A リンパ浮腫に関するよくある疑問にお答えします。

「Q&A一覧」では、共通、上肢(腕)、下肢(あし)毎にまとめていますので、知りたいことを容易に探すことができます。