抗がん剤治療と 脱毛

自分に合うケア方法をみつけましょう

帽子やバンダナ、付け毛の活用

かつら以外にも帽子やスカーフ・バンダナを上手に活用して過ごしましょう。また、帽子やバンダナにつける「付け毛」もあります。

帽子

帽子だけでも脱毛はカバーできます。深くかぶれるものやつばの広いものを選ぶと、髪がないことがわかりにくく自然に見えます。
脱毛の時期は、痛みやかゆみが出て頭皮がデリケートになっているので、やわらかくて肌にやさしい素材のものが良いでしょう。
かつらと併せて利用したり、季節やベッドの中、外出用など利用状況に合わせて利用すると良いでしょう。
なお、髪の毛がある時とない時ではサイズが異なるので注意が必要です。

UVハット

UVカットの素材は、治療で敏感になっている肌を紫外線から守ってくれます。

男性用帽子

自分に似合う帽子を探してみましょう。

フィットキャップ

結び目がないものはそのままベッドに寝ても痛くありません。
また、抜けた髪が飛び散るのを防いでくれます。

バリエーションが豊富なフィットキャップを利用してみましょう。

スカーフやバンダナ

スカーフやバンダナを頭に巻いても脱毛をカバーできます。
三角形に折って後ろで結ぶ場合は、後頭部が全部隠れるくらいの大きさのものを使いましょう。
まゆ毛のところまで深くかぶるとまゆ毛や前髪の脱毛もカバーできます。また、巻き方をアレンジして楽しむのも良いでしょう。
男性の場合は、タオルを巻く人もいます。
スカーフやバンダナは毛髪がないとはずれやすいので、フィット感がなくなってきたら調整するようにしましょう。

スカーフ

いろいろな巻き方をアレンジしてみましょう。

正方形スカーフ(90cm×90cm位の大きさのもの)

スカーフの巻き方を動画でご案内します。

再生する

プリントアウトしてご利用いただける説明書をご用意しました

ダウンロードする

長方形スカーフ(120cm×30cm位の大きさのもの)
又は正方形スカーフ(120cm×120cm位の大きさのもの)

スカーフの巻き方を動画でご案内します。

再生する

プリントアウトしてご利用いただける説明書をご用意しました

ダウンロードする

正方形スカーフ(100cm×100cm位の大きさのもの)

プリントアウトしてご利用いただける説明書をご用意しました

ダウンロードする

バンダナ

大きめのものを選び、深くおおいましょう。
付け毛などをつけて使うのも良いでしょう。

(50cm×50cm位の大きさのもの)

バンダナの巻き方を動画でご案内します。

再生する

プリントアウトしてご利用いただける説明書をご用意しました

ダウンロードする

タオル

男性の場合、タオルを巻いても良いでしょう。

付け毛

髪の毛が全部抜けてしまった時は、帽子やバンダナに「付け毛」をつけてみましょう。少しでも髪が出ているだけで、自然な感じに見えます。
かつらよりも安価で、長さやカラーなど種類も豊富です。
取りつけ方はさまざまですが、比較的簡単につけられるようになっています。

ヘアスタイルの種類が豊富です。

裏に止め具が付いているものもあります。

帽子やバンダナに付け毛をつけるだけでも自然な感じに見えます。