抗がん剤治療と 脱毛

脱毛について知っておきましょう

脱毛について

②患者さんの声 その1

「がん体験者の悩みや負担等に関する実態調査」より

抗がん剤が始まると髪が抜けるとは聞いていたが、実際毎日毎日髪の毛がどっと抜けるのを見て、とてもいたたまれないつらい日々だった。

抗がん剤の治療で毛髪が抜けてしまい、先生には「また生えてくる」と言われたが、本当に生えてくるか心配だった。

抗がん剤の副作用で頭髪が見る見るうちに抜け始めたときはパニック状態だった。比較的緩やかな薬で、他の人たちは抜けていないとのことだったので、個人差があるとはいえ心の準備ができておらず、うろたえた。

抗がん剤の目に見える副作用で、頭髪が次々と抜けて、やがて1本もなくなったときに、これで自分もダメかと思った。しかし、治療後11か月で白髪だったのに黒髪が再び生えて気力を取り戻した。

6回の投与後、髪が伸びてウィッグ(かつら)がとれたとき、気持ちが晴れ晴れとし、元の自分に戻ることができた。

副作用で髪が抜け、治療が終わっても生えそろうまでは会社に行けなかった。

髪の毛が全て抜けたことが女性としてすごいショックだった。

髪が抜け、見舞いに来る人にがんと悟られることが嫌だった。

髪の毛がなくなったことは現在も気になり、スカーフ、ウィッグ(かつら)、帽子などでカバーしている。

髪の毛が抜けてきてびっくりしたが、入院中に周囲の人を見たり勉強したりして悩みが和らいだ。