放射線治療と 脱毛

かつらの選び方

かつらのお手入れ

お手入れの方法は、かつらの毛質によって異なります。

人工毛(合成繊維)と混合毛

熱に弱いので、水洗いのあと、ドライヤーの冷風、または自然乾燥します。

人毛

お湯(ぬるま湯)洗い、ドライヤーでの乾燥ができます。

どの毛質の場合も、できれば専用シャンプー(各販売店で確認して下さい)の利用をお勧めします。頻度はかつらを毎日使用して、夏場は1週間、冬場は10日に1回がクリーニングの目安です。また、販売店によっては、メンテナンスやクリーニングを行っているので利用するのも良いでしょう。

ミックスヘアの場合のお手入れ方法を動画でご案内します。

再生する

【かつらのスタイリング】

自分の髪を似合うようにカット(スタイリング)するのと同じように、髪の毛の代わりであるかつらも自分に合うようにカットするのが一般的です。
スタイリングを依頼する場所は、理美容院などです。

時々、「かつらのカットに失敗した」との声を耳にすることがあります。
理美容師の話では、地毛とかつらをカットする技術は異なるそうです。
かつらのスタイリングはその経験が豊富な技術者に依頼した方が失敗は少ないようです。
どこへ依頼したら良いか迷った場合は、かつらメーカーに相談すると良いでしょう。