がん薬物療法の
概要

がん薬物療法の副作用について

がん薬物療法の副作用とは?

症状が出現する時期

副作用は、全てが出現するのではなく、また症状によって出現する時期が異なります。治療当日から2日以内の早期や週単位、月単位のものもあります。
殺細胞性の抗がん剤では、今までの経験からどの時期にどのような症状が出やすいか、だいたいわかっています(下記の表参照)。

発現時期(目安) 主な副作用の症状
治療当日 過敏症、吐き気・おう吐、血管痛 など
2日~1週間位 吐き気・おう吐、食欲低下、だるい、便秘 など
1週間~2週間位 口腔粘膜炎、下痢、だるい、食欲低下、抵抗力の低下、出血しやすくなる など
2週間以降 脱毛、手足のしびれ、貧血 など

一方で、分子標的薬や免疫治療薬では、出現する症状はだいたいわかっていますが、出現時期については個人差があり、一概には言えません。
なお、副作用の症状は、一つひとつ出現するわけではなく、複数の症状が重なったり、連続して出現したりしますので、一人で頑張るのではなく、必要に応じて周りの人に助けを求めるようにしましょう。