がん薬物療法の
概要

副作用対策について

患者さんご自身でできる副作用対策

脱毛

脱毛の副作用は髪の毛だけでなく、まゆ毛やまつ毛などにも起こります。
抗がん剤治療が終了すれば、徐々に発毛しますが、毛色や毛質・毛の太さが変わる人もいますし、生え始めにチクチク痛みを感じる人もいらっしゃいます。

《脱毛が及ぼす影響の一例》

髪の毛 外傷を受けやすくなる、紫外線や寒さの刺激を受けやすくなる
まゆ毛 汗が直接目に入りやすくなる
まつ毛 目にゴミが入りやすくなる、途中で切れて、チクチクとした痛みが生じることもある
鼻毛 鼻からほこりが入りやすくなる、乾燥しやすくなる
こころ 外見のイメージが変わってしまう、 他人に病気を悟られる可能性がある
患者さんのイラスト

《頭皮と髪の毛のケア》

  • 洗髪時は、お湯はぬるま湯にし、頭皮や髪をよく濡らしてから洗いましょう。シャンプーは痛みやしみることなどがなければ変える必要はありません。ただし、直接地肌にかけず、泡立ててから使用しましょう
  • シャンプーが地肌に残らないように良く洗い流しましょう
  • ドライヤーを使用する時は、低温・弱風または冷風にしましょう
  • ブラッシングは、頭皮を刺激しないようにやさしくゆっくり行いましょう
    ブラシはピンの数が少なく、先が丸くなっていて、やわらかい素材のものが良いでしょう

《外見をカバーする方法》

  • かつらや帽子、スカーフ、お化粧方法などの情報を治療前に集めましょう(まゆ毛、アイラインのかき方;まゆ毛やまつ毛のカバーを参照)
  • サングラスやメガネは、レンズにフレームがあるものを使用するとまつ毛の脱毛が目立たなくなります。また目にゴミやほこりが入るのを防いでくれます
かつらの写真 かつらの写真 かつらの写真 かつらの写真 かつらの写真

<まゆ毛やまつ毛のカバー>

《まゆ毛のカバー》

一般的なまゆ毛の描き方を紹介します。いろいろ試しながら、自分に似合うラインを見つけましょう。

まゆげの書き方 まゆげの書き方

点線は、手でさわるとわかる、顔の骨のラインを表しています

< 描き方 >

① まゆ頭、まゆ山、まゆ尻の位置を決めます
② まゆ頭の1 ㎝ほど外側のところから描き始め、まゆ山まで筆を進めます
③ そのまま、まゆ尻まで筆を進めます
④ ①の描き始めたところから、まゆ頭までを描きたします

《まつ毛のカバー(アイライン)》

目の印象をはっきりさせるために、アイラインを引くのも良いでしょう。
一般的にアイラインは、目のフレーム際に、目頭から目尻に向けて描きます。目の中央部から目尻のラインはやや太めに描くのがコツです。

まつげの書き方 まつげの書き方