抗がん剤治療と眼の症状

眼の症状のアイコン

主な眼の症状 抗がん剤の影響で発症する眼の症状について解説します

涙道障害(るいどうしょうがい)・流涙(りゅうるい)

涙道障害は涙の通り道である「涙道」が狭くなったり、塞がったりすることを言います。
また、涙で眼の表面がにじんだり、涙がこぼれ落ちる症状(進行例)を「流涙」と言います。

涙嚢から鼻涙管にかけての内腔粘膜が腫れている写真

(*)抗がん剤の影響で、涙嚢(るいのう)から鼻涙管(びるいかん)にかけての内腔粘膜が腫れている。本来、涙道は円形であるが、変形している(涙道内視鏡による所見)。

《私たちの涙のながれ》

涙は涙腺で生産され、目の表面を通り、涙点から涙小管、涙嚢、鼻涙管を経て鼻に流れています。

涙のながれのイラスト

結膜炎(けつまくえん)・角膜障害(かくまくしょうがい)

結膜と角膜は下図で示した所です。

結膜と角膜のイラスト

「結膜炎」「角膜障害」とは、それぞれの所で障害が起きた状態を言います。

≪正常な角膜と角膜障害の状態≫

<正常な角膜>
正常な角膜の写真
<障害を受けた角膜>
障害を受けた角膜の写真

(*)白い筋が入っている部分が、障害を受けた部分です。

「結膜炎」の症状は、眼が赤くなったり、目ヤニが出たり、流涙、異物感などです。「角膜障害」は、眼の痛み、異物感、視力低下などが起こりますが、病態(角膜の障害度)で異なります。

ぶどう膜炎・黄斑浮腫(おうはんふしゅ)

ぶどう膜は虹彩(こうさい)、毛様体(もうようたい)、脈絡膜(みゃくらくまく)の3つの部分から構成されている組織です(下図参照)。色素と血管に富んでいるので、眼内に栄養と酸素を供給したり、瞳孔以外から光が眼内に入るのを防ぐ働きをしています。「ぶどう膜炎」とは、このぶどう膜の一部もしくは全体に炎症が生じた状態のことです。症状は、羞明(しゅうめい)かすみ目視力低下、眼の痛み、飛蚊症(ひぶんしょう)などです。

黄斑は網膜の中心部分です。重要な視細胞が集中していて、形や大きさ、色などを識別する役割があります。 「黄斑浮腫」は黄斑部の網膜内に水が溜まり腫れた状態を言います。症状は視力低下かすみ目小視症などです。

眼の組織のイラスト

網膜静脈閉塞(もうまくじょうみゃくへいそく)

網膜静脈は網膜に分布する血管です。この静脈が何らかの原因で閉塞した状態を「網膜静脈閉塞」と言い、網膜が出血を起こします。症状は、視力低下や視野障害、変視症などです。

視力低下

物がみえにくくなる症状です。

羞明(しゅうめい)

「まぶしい」ことを羞明と呼びます。ここでは、異常にまぶしく感じる状態のことを言います。

変視症(へんししょう)

物が歪んで見える症状です。

小視症(しょうししょう)

物が小さく見える症状です。

複視(ふくし)

物が二重に見える症状です。

かすみ目(霧視(むし))

かすみがかかったように見える症状です。

角膜びらん、角膜潰瘍

「角膜びらん」は角膜の一番上の表面がただれる状態を言います。「角膜潰瘍」は角膜に感染が起きて角膜の真ん中が細菌により侵食される状態を言います。

光視症(こうししょう)

暗い所で眼を閉じているのに、眼の端(多くは耳側)の方に光が走るのを感じる症状です。

飛蚊症(ひぶんしょう)

小さな糸くずや蚊のようなもの、あるいはフワフワと浮遊物が飛んでいるように見える現象で、眼を動かすと一緒に動く特徴があります。

硝子体に何らかの原因で濁りが生じて起こります。

眼の組織のイラスト

睫毛乱生(しょうもうらんせい)・睫毛の長生化(しょうもうのちょうせいか)

「睫毛」とは「まつ毛」のことです。

睫毛乱生とは、基本的に正しい位置に生えるまつ毛が、本来の向きに生えず、不揃いな状態のことを言います。

睫毛の長生化は、まつ毛が異常に長くなる状態を言います。まつ毛が正常に生えずカールすることで、角膜炎になることもあります(下図参照)。

睫毛乱生のイラスト