がん薬物療法の
概要

がん薬物療法について

薬の種類と特徴

抗がん作用のある薬剤には、多くの種類があります。主なものについて説明します。

殺細胞性の抗がん剤(従来型の抗がん剤)

従来から使用されている抗がん剤です。細胞が分裂して増える過程に作用する抗がん剤で、細胞増殖の盛んな細胞を障害します。

分子標的薬(ぶんしひょうてきやく

がん細胞に存在する特殊な標的に対して、ピンポイントで作用する抗がん剤です。がん細胞に特殊な標的が存在する人に高い有効性を発揮します。
がん細胞に特殊な標的が存在するかは、病理検査(免疫染色)や遺伝子検査で調べることができます。

がん免疫治療薬(免疫チェックポイント阻害薬)

薬が直接がん細胞に作用するのではなく、自分の免疫細胞が、がん細胞を排除しようとする働きを助ける薬です。

ホルモン療法薬(内分泌療法)

体内の特定のホルモンの影響を受けて増殖する性質のがん(乳がん、前立腺がん、子宮体がん)に対して使用します。ホルモンに感受性がなければ効果がありませんので、感受性があるか否かを調べてから使用します。

イラスト