がん薬物療法の
概要

がん薬物療法について

がん薬物療法の目的

薬物療法の目的は、以下の3つがあり、患者さんの病状によって異なります。治療を受ける上では、ご自分がどの目的のために治療を受けるのか、理解する必要があります。

治癒(ちゆ)を目指す

  • がん薬物療法で治癒(ちゆ)が期待できる場合
    がんの種類によっては、がん薬物療法によって治癒が期待できます。この場合、薬物療法が治療の第一選択となります。
  • 手術の前後で行う場合
    手術後に行う場合は、手術でがん病巣は取り除いたのですが、目に見えないがんが体の中に潜んでいることを想定して、がんを体から完全に排除する目的で行います。また、手術前に行う場合は、手術で取り除けるようにがんを小さくする目的で行われます。どちらの場合でも手術の補助療法ですので、「補助化学療法」と言い、投与期間が決められています。
  • 放射線治療と組み合わせて行う場合
    がんの種類によっては、放射線治療と組み合わせて行われる場合があります。これを「化学放射線療法」と言い、これが標準治療として推奨されている場合もあります。これは、投与期間が決められています。

延命効果

進行し手術ができないがんや再発したがんなど、治癒(ちゆ)させることは難しいがんに対して、がんの進行を遅らせる、あるいはがんを縮小させることで、治療しない場合よりは、長生きができることを目的に行います。薬の投与期間は、効果が続き副作用も許容できる場合に限り継続されます。

症状の緩和

がんによって起こる、さまざまな不快な症状を和らげる目的で行います。

イラスト