がん薬物療法の
概要

処方別がん薬物療法説明書【患者さん向け】のご案内

静岡がんセンターでは、「情報処方」を「患者さんやご家族が知りたいこと、知っておかなければならない情報を的確に提供すること」と定義し、情報提供に努めています。がん薬物療法において、使用する薬剤の組み合わせやがんの種類別に、「処方別がん薬物療法説明書」を作成しました。これは、医療者(医師、看護師、薬剤師ら)が説明する内容を1冊にまとめたものです。この説明書には、治療法(目的、効果、スケジュール)、注意事項(治療前、治療中)、副作用の対処と工夫(病院への連絡の目安、予防を含めた具体的対処法)など、治療を受ける患者さんやご家族にぜひ知っておいてほしい内容を記載しています。

この説明書を多くの方にご活用いただけるよう、静岡がんセンターのホームページで公開します。以下のURL、またはQRコードからアクセスできます。

【URL】https://www.scchr.jp/information-prescription.html
【QRコード】

また、静岡がんセンターホームページ内の「理想のがん医療を目指して」にある「処方別がん薬物療法説明書【患者さん向け】」からも同様にご覧いただけます。

現在()、消化器内科・外科、呼吸器内科・外科、皮膚科、泌尿器科のがん薬物療法の説明書があり、今後、他の診療科にも拡大していく予定です。この説明書を、ご自身の生活を調整したり、医療者に相談したりするのに活用して下さい。

ただし、説明書は一般的な内容となっているため、患者さんの状態を一番把握している担当医の指示を優先して下さい。