ケガ・虫刺され

打撲の機会を減らし、傷を避けるようにしましょう。また、虫刺されにも注意が必要です。 万が一傷をつくったり、虫に刺された場合は放置しないで下さい。

閉じる