抗がん剤治療と 脱毛

よくある質問Q&A

Q1. 抗がん剤治療をすると、必ず脱毛してしまうの?

脱毛の程度はざまざまです。

抗がん剤の種類や投与量、薬の組み合わせ、患者さんの身体状況などで脱毛の程度は異なります。
つまり、目立つ脱毛か、目立たない脱毛かは人それぞれです。

くわしくは、①毛の成長と脱毛②主な抗がん剤の種類と脱毛の程度をご参照下さい。

Q2. シャンプーすると、余計に髪の毛が抜けてしまうのでは?

刺激の少ないシャンプーを使い、こすらずに、やさしく洗い流しましょう。

不潔な状態でいると毛穴がつまったり、感染症を起こしたりするので、頭皮はできるだけ清潔にしておくことが大切です。
指の腹でやさしく洗うようにしましょう。

くわしくは、脱毛が始まってからのケアをご参照下さい。

Q3. 育毛剤は効果があるの?

ありません。

育毛剤は髪がないと効果はなく、刺激になります。
脱毛中は使わないようにしましょう。

くわしくは、治療が始まる前の準備をご参照下さい。

Q4. ドライヤーを使って乾かしても大丈夫?

ドライヤーの使用はひかえましょう。

脱毛中は頭皮への刺激を避けるため、ドライヤーの使用はできるだけひかえ、かける時は低温や弱風または冷風にしましょう。

くわしくは、脱毛が始まってからのケアをご参照下さい。

Q5. パーマやカラーはいつ頃からできるの?

髪が生えそろってきたら、楽しむことができます。

パーマやカラーは刺激になります。
治療が終了し、髪が生えそろってきてから楽しむようにしましょう。
なお、ヘアカラーはパッチテストをした方が安心です。

くわしくは、治療が始まる前の準備をご参照下さい。

Q6. 髪の毛以外の脱毛とは?

まゆ毛やまつ毛、鼻毛、陰毛など、全身の体毛に影響する場合もあります。

まゆはまゆ墨で描くことでカバーできます。また、帽子やスカーフなどを深くかぶるのも良いでしょう。
まつ毛はアイラインを入れたり、付けまつ毛などでカバーできます。また、メガネやサングラスなどをかけることで、まつ毛の脱毛が目立たなくなり、ゴミやほこりが目に入るのを防いでくれます。
鼻毛が抜けた時は、マスクなどで乾燥やほこりを防ぎましょう。

くわしくは、まゆ毛やまつ毛のカバーをご参照下さい。