抗がん剤治療と皮膚障害

主な症状別情報 主な皮膚の症状や原因について解説します

免疫治療薬(白髪・白斑(皮膚色素減少症))

主な症状 《免疫治療薬による皮膚障害》

主な症状の解説 《免疫治療薬》

白髪・白斑(皮膚色素減少症)
症状 全身のどこにでも出現します。白斑の大きさや形はさまざまです。
患者さんの訴え 色が抜けちゃった、白髪が増えた など
病態・原因 免疫機能により色素を生成するメラニン細胞が攻撃を受けて、メラニンの生成が障害されると考えられています。